[ << ] [ < ] [?] [ > ] [ >> ]         [??] [??] [???] [ ? ]

2.6 起動から終了まで

Asir を起動すると,

[0]

なるプロンプトが表示され, セッションが開始する. ‘$HOME/.asirrc’ (Windows 版の場合, HOME 設定されていない場合には get_rootdir() で返されるディレクトリにある ‘.asirrc’) が存在している場合, このファイルを Asir ユーザ言語でかかれた ファイルと見なし, 解釈実行する.

プロンプトは入力の番号を表す. セッションは, end; または quit; を入力することにより終了する. 入力は, ‘;’ または ‘$’ までを一区切りとして評価される. ‘;’ のとき結果は表示され, ‘$’ のとき表示されない.

% asir
[0] A;
0
[1] A=(x+y)^5;
x^5+5*y*x^4+10*y^2*x^3+10*y^3*x^2+5*y^4*x+y^5
[2] A;
x^5+5*y*x^4+10*y^2*x^3+10*y^3*x^2+5*y^4*x+y^5
[3] a=(x+y)^5;
evalpv : invalid assignment
return to toplevel
[3] a;
a
[4] fctr(A);
[[1,1],[x+y,5]]
[5] quit;
%

この例では, A, a, x, y なる文字が使用されている. A はプログラムにおける変数で, a, x, y は数学的 な意味での不定元である. 一般にプログラム変数は大文字で始まり, 不定元は小文字で始まる. この例でわかるように, プログラム変数は, 数, 式などを格納しておくためのものであり, C 言語などにおける変数に対応する. 一方, 不定元はそれ自身で値を持つことはできず, 従って, 不定元に対する 代入は許されない. 後に示すが, 不定元に対する代入は, 組み込み函数 subst() により明示的に行われる.


[ << ] [ < ] [?] [ > ] [ >> ]

?????10? 22, 2017?texi2html 5.0????????????