[ << ] [ < ] [?] [ > ] [ >> ]         [??] [??] [???] [ ? ]

5.2 コマンドの解説

コマンドは dbx のコマンドの内必要最小限のものを採用した. 更に, gdb のコマンドからもいくつか便利なものを採用した. 実際の機能は dbx とほぼ同様であるが, step, next は, 次の行ではなく次の文を実行する. 従って, 1行に複数の文がある場合は, その文の数だけ next を実行しなければ次の行に進めない. また, dbx と同様 ‘.dbxinit’ を読み込むので, dbx と同じ alias を使うことがで きる.

step

次の文を実行する. 次の文が函数を含むとき, その函数に入る.

next

次の文を実行する.

finish

現在実行中の函数の実行が終了した時点で再びデバッグモードに入る. 誤って step を実行した場合に有効である.

cont
quit

デバッグモードから抜け, 実行を継続する.

up [n]

スタックフレームを 1 段 (引数 n がある時は n 段) 上がる. これにより, そのスタックフレームに属する変数の値の参照, 変更ができる.

down [n]

スタックフレームを 1 段 (引数 n がある時は n 段) 下がる.

frame [n]

引数がないとき, 現在実行中の函数を表示する. 引数があるとき, スタックフレームを番号 n のものに設定する. ここで スタックフレームの番号とは where により表示される呼び出し列において, 先頭に表示される番号の ことである.

list [startline]
list function

現在行, または startline, または functionの先頭から 10 行ソー スファイルを表示する.

print expr

expr を表示する.

func function

対象函数を function に設定する.

stop at sourceline [if cond]
stop in function

sourceline行目, または function の先頭にブレークポイントを 設定する. ブレークポイントは, 函数が再定義された場合自動的に取り消され る. if が続く場合, cond が評価され, それが 0 でない場合に 実行が中断し, デバッグモードに入る.

trace expr at sourceline [if cond]
trace expr in function

stop と同様であるが, trace では単に expr を表示する のみで, デバッグモードには入らない.

delete n

ブレークポイント n を取り消す.

status

ブレークポイントの一覧を表示する.

where

現在の停止点までの呼び出し列を表示する.

alias alias command

commandalias の別名を与える.

print の引数として, トップレベルにおけるほとんどすべての式 がとれる. 通常は, 変数の内容の表示が主であるが, 必要に応じて次の ような使い方ができる.


[ << ] [ < ] [?] [ > ] [ >> ]

?????12? 14, 2017?texi2html 5.0????????????