Mitsuo HIGAKI

檜垣 充朗

神戸大学理学部数学科
神戸大学大学院理学研究科数学専攻
解析数理講座 助教
関数方程式教育研究分野
tel:078-803-5625
fax:078-803-5610
研究室:理学部 B 棟 424 号室

学位: 博士(理学)

研究テーマ: 流体力学に関連する偏微分方程式の研究

研究の概要: Navier-Stokes方程式を代表とする流体力学に関連した偏微分方程式を研究しています。 特に固体壁が粘性流体の流れに与える影響に関心があり、粗面付近の流れの数理構造や、回転障害物周りの流体運動を主に研究しています。 これらを記述する非線形偏微分方程式について、調和解析、関数解析、境界層解析を駆使し、解の様々な性質を明らかにすることが目標です。

主要な研究業績:
  1. M. Higaki, Note on the stability of planar stationary flows in an exterior domain without symmetry, to appear in Adv. Differential Equations.
  2. I. Gallagher, M. Higaki, and Y. Maekawa, On stationary two-dimensional flows around a fast rotating disk, Mathematische Nachrichten 292 (2019), 273-308.
  3. M. Higaki, Y. Maekawa, and Y. Nakahara, On stationary Navier-Stokes flows around a rotating obstacle in two-dimensions, Archive for Rational Mechanics and Analysis 228 (2018), 603-651.
  4. M. Higaki, Navier wall law for nonstationary viscous incompressible flows, J. Differential Equations, 260 (2016), no. 10, 7358-7396.