[ << ] [ < ] [?] [ > ] [ >> ]         [??] [??] [???] [ ? ]

2.9 計算結果, 特殊な数

@ はエスケープ文字として使用される. 現在次のような規定がある.

@n

n 番目の計算結果.

@@

直前の計算結果.

@i

虚数単位.

@pi

円周率.

@e

自然対数の底.

@

2 元体 GF(2) 上の一変数多項式の変数 (不定元).

@>, @<, @>=, @<=, @==, @&&, @||

quantifier elimination における, 一階述語論理演算子

[0] fctr(x^10-1);     
[[1,1],[x-1,1],[x+1,1],[x^4+x^3+x^2+x+1,1],[x^4-x^3+x^2-x+1,1]]
[1] @@[3];            
[x^4+x^3+x^2+x+1,1]
[2] eval(sin(@pi/2)); 
1.000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
[3] eval(log(@e),20);
0.99999999999999999999999999998
[4] @0[4][0];
x^4-x^3+x^2-x+1
[5] (1+@i)^5;
(-4-4*@i)
[6] eval(exp(@pi*@i));
-1.0000000000000000000000000000
[7] (@+1)^9;
(@^9+@^8+@+1)

トップレベルで計算された値はこのようにヒストリとして取り出し可能であるが, このことは, ガベージコレクタにとっては負担をもたらす可能性がある. 特に, 大きな式をトップレベルで計算した場合, その後の GC 時間が急速に増大する可 能性がある. このような場合, delete_history() (see section delete_history) が有効である.


[ << ] [ < ] [?] [ > ] [ >> ]

?????12? 13, 2017?texi2html 5.0????????????